2006年04月14日

痴漢

今日乗った地下鉄の車掌のアナウンスは、鼻に掛かったような妙な調子で耳障りだったが、びっくりしたのはその内容。「・・・万が一痴漢に遭われた場合は、車内の緊急通報装置で運転手にお知らせいただくか、駅係員まで通報願います。」

えっ?!

緊急通報装置はいわゆる緊急事態のためのもののはず。もちろん、痴漢に遭うというのは被害者にとっては緊急事態たりえるのは理解できるけれども、緊急時以外の使用は罰則の原因ともなる装置を使っていいものなのだろうか。もっとも、緊急通報装置は車内あちこちにあるわけではないから、肝心なときに届かない、使えないということになりそうな感じがする。

先日読んだ新聞だか雑誌には、痴漢と間違われて拘束されてしまった男性のエピソードが載っていた。それをもとに、予防策としては両手を上にあげておくなどということも真剣に書かれていたが、笑い事ではないと思った。混んだ車内で安定する足の踏み場を求めつつ脚をスライドさせた時、前に立っていた女性の脚をこするような状況になってしまったことがあった。そういう危機的な状況ではすかさず謝るのがよいらしい。

通勤ラッシュの中でこんなことまで気にするご時勢。
ため息。
posted by ムフテリフ at 21:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社員煩悩日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

和菓子

桜を愛でつつ・・・

maccha.JPG

控えめな甘さ、色使い、サイズ、繊細な仕上げは和菓子ならではです。
ニッポンを強烈に意識させられるものの一つです。

ニッポンの繊細さ
トルコの大らかさ
ヨーロッパの洗練性
・・・そんなものをバランスよく兼ね備えてみたいと抹茶をすすりながら思うのでした。
posted by ムフテリフ at 08:51| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月08日

家の近くにも勤め先の近くにも桜並木があり、通り過ぎる度に桜を愛でることができ、帰国したばかりで花を見る余裕もなかった昨年に比べると、今年は桜の花を楽しむことができました。これも一つの状況変化の賜物ですね。

折しも所用で桜の時期を逃しそうだった友人のお供で、今日は都内のとある庭園でかろうじて残っている桜を見ようと出かけてきました。

sakura zoomed up.JPG

これで今年の桜も見納めでしょうか。庭園で芽吹き始めているもみじが紅葉する頃また出かけてみたい、と思った土曜日の昼下がりでした。
posted by ムフテリフ at 20:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

吉野梅郷

日曜日にふと思い立って青梅の吉野梅郷へ行って来ました。梅祭りは先月末で終わっていたので、梅の公園へは無料で入れたし、そんなに混んでいなかったし、ゆっくりと散策できました。丘陵の斜面に何種類もの梅が咲き乱れていて、前回の偕楽園同様深呼吸すると梅の「気」みたいなものが身体に満ちるようで気持ちが良かったです。

特に梅にこだわっているわけではなく、何となくリフレッシュしようと思ったら、行く先に梅があっただけです。それでも気分転換をしたいという強烈な欲求がある昨今なので、努めて自然に触れるような過ごし方を求めているのかもしれません。これから新緑の季節は奥多摩のあたりをハイキングしようと思ったりしています。

帰りには花屋へ寄って部屋に飾るのに小さなエアープランツを買いました。小さなものだけど、これ一つで部屋の空気が変わったようにも思います。最近のマンションは綺麗で便利だけど、殺風景という花屋のご主人の言葉に同感です。洗面所に部屋に、あと一つずつくらいグリーンを飾ろう。ベランダにジャスミンでも置いてみようか・・・
posted by ムフテリフ at 22:16| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月31日

道路工事 鉄板

先日仕事帰りに日本橋三越の前を通った時の出来事。大通りの名前は知りませんが、工事中で鉄板が敷いてあったのですね。そこへサイクルパンツというのですか、あれを着てヘルメットをかぶって自転車で快速運転してきた男性が一人。

と思った瞬間、自転車が突如止まり、男性は前方にすっ飛びました。「うぐっ」とうめき声がして顔をしこたま打った様子。めがねもかけていましたが、ゆがんでいたでしょう。自転車は前輪が鉄板と鉄板の間に挟まってしまったのですね、前輪が半分ほどもぐった格好でサドルから後ろは右方向に向いて横倒し。

すぐ近くにいた工事現場の警備員と思しき人が来て、大丈夫かぁと介抱していましたが、後ろから車がすぐに来ていなかったのが幸いだったように見えました。そうでなければ、玉突き衝突になっていたでしょう。

あの隙間にはまってしまう確率はとても低かったはずだけど、アクシデントは起こるのですね。業者は自転車が車道を走ることも考えて鉄板をきちんと隙間なく敷き詰めないといけない、と思った一件でした。
posted by ムフテリフ at 22:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

100円ショップ

海外からのお客さんが来ると、決まって連れて行くことにしているのが100円ショップです。安物ばかりだよと念を押すのですが、数で勝負のお土産を用意しないといけない人達もいて、大体喜ばれます。

先週末もトルコからのお客さん10人ほどを秋葉原ツアーの途中で駅近くの100円ショップへご案内。最初は「見るだけでいいよ」と言っていた人が真剣に物色して大袋いっぱいのお買い物をしたのには、思わず笑ってしまいました。

かくいう僕も、特に年明けからは常連のようになっています。引越ししてあれこれ買うのに、結構便利で使えるものがあって助かるのです。とはいえ、買ってみると「しまったぁ・・・」と思うものも時にはあります。例えば蛇口に付けるシャワー切替は口径に合わないものでした。玄関やベランダを掃くのに買った小さな箒とちりとりのセットはさんざんで、箒は一掃きした瞬間から毛が抜けていくし、ちりとりはへりの真ん中が浮き上がっていてゴミが素通りしてしまうシロモノ。

近所の店では食品以外の商品は一年間保証付きらしいのですが、大体がそのときあるものを売っていて、後から同じ商品が入荷できないこともある100円ショップで、保証なんて成り立つのだろうかと疑問に思えませんか?
posted by ムフテリフ at 19:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月28日

ラ・カンパネラお披露目?

知り合いである画家のご夫婦がグループで美術展を開くとのこと。そのお話はしばらく前に、都内であった個展にお邪魔した時に聞いたのでしたが、その時に「あなたピアノまだやってる? オープニングに何か弾かない?」などと言われて、「じゃあこれから練習します」などと、つい二つ返事をしてしまいました。

あれから随分時間が経ちましたが、先日お電話を頂き、オープニングの件が再確認された形となりました。

さあ大変! 人前で弾くなんて滅多にないホームプレーヤーですから、これから付け焼刃的に練習です。当日までまだ時間はありますが、目標ができるとなんだか張り合いがあります。曲目をどうするか・・・。滅多にない機会だから思い切ってカンパネラをお披露目したいという怖いもの見たさに似た気持ちがある反面、あれじゃコケるに決まってるからもうちょっと無難な、とちってもつなげられそうな曲にしようかと思ったりしています。

先日とあるピアノ演奏会を聞きに行きました。知っている曲だと全然落ち着いて聴いていられません。あのフレーズははずさないで通過できるかなみたいな、自分が弾いているような緊迫感があります。くだんのグループ展では、ピアノ人口の多い日本のこと、ピアノをやっている人もきっといるでしょう。その人たちにハラハラドキドキの数分間を過ごさせることを狙いつつ、やってみるか?!
posted by ムフテリフ at 22:18| 東京 🌁| Comment(7) | TrackBack(0) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月24日

乾燥イチジクはトルコ産

親しくさせてもらっている方から、見つけて美味しそうだからつい買ってしまったというイチジクのおすそ分けを送って頂きました。何でも、先に長野の風光明媚なところへ休暇を過ごしに行ったそうで、そこで売られていたのだとか。確かにパッケージには「原産国 トルコ」と印刷されています。大粒で肉厚、色はトルコで売っているものよりも白っぽい、つまり青い感じですが、味はイケてます。

イチジクはトルコの主要輸出品目の一つで、不確かな記憶ですが市場に出回っているものの7割はトルコ産なのだとか?! その市場というのが世界だったか日本だったか、或いはトルコで生産されているイチジクの7割が輸出されているということだったのかなぁ・・・話が全然違いますね。失礼。どちらにしても、築地市場の近くの路上で山積みで売っていたのもトルコ産だったし、スーパーでパッケージに入って売られているのもトルコ産のものばかりです。

かつてトルコに住んでいたとき、友人や親戚の土産には必ずこれを買ってきていました。友人は大好物で親子揃って朝の楽しみに食べているとか、お通じにもいいのだとか、とにかく喜んでくれていました。かくいう僕はトルコ時代には冬場のおやつに常時ストックし、時には夕飯代わりに幾つも食べては一人悦に入っておりました。今晩はおすそわけを嬉々として3個も平らげてしまいました。明日の朝はさぞかし「スッキリ!」するのではないかと思っています。
posted by ムフテリフ at 23:52| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | トルコ回想録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

最近の食生活

やっぱり食べ物の話はネタにしやすいもんです。

引越してひと月が過ぎ、1月末の忙しさもクリアして落ち着いてきたところで、最近自炊もできるリズムを取り戻しました。以前書いたように、また例のジェズヴェで一食二膳分のご飯を炊いては炊き立てを食べています。ただし困ったのが、今の家のガスコンロが「極弱火」にならないことで、そのせいでおこげの発生率が高くなってしまったことです。ごとくを2段重ねることを試しましたが、確かにおこげにならないものの、それでは折角あるもうひと口が使えません。今更炊飯器を買う気もしないでいたら、スーパーで10cm四方のミニ網を発見! 間に網を挟むことでで火加減の問題は解決。こけずに炊けるようになりました。

切り干し大根は煮込まなくてもシンプルなサラダで食べる横着さ。またご飯が炊けるのを待っている間に、つまみ食いで干し芋を食べたりしています。野菜を色々買ってサラダ・・・というのは苦手につき、ミニトマトを欠かさず食べています。

寒いのでココアをよく飲んでいます。理由はお茶ガラが発生しないから。もちろんあの香ばしさと甘さも好きです。悔しいのはあるスーパーで何気なく一袋買った翌日、違う店で特売で半額以下で同じものが売られているのを見た瞬間です。

朝食はしばらくシリアル+豆乳+果物というパターンが続いていましたが、先週からシリアルではなくてちょっと変えてサツマイモを電子レンジにかけたものを何回か試しています。

引越しして諸々の出費が落ち着いたら、気になるのはこのエンゲル係数の高さ・・・。
posted by ムフテリフ at 21:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

豆腐屋さん

引越してひと月が経ちました。一つ裏の通りが商店街になっていて、通っている接骨院、クリーニング屋、ドラッグストア、全く僕には用事のないパチンコ屋も含めて店が連なる中に豆腐屋があるのが前から気になっていました。

昨日通りがかったときに試しに買ってみました(日曜日は休み)。でも買ったのは豆腐ではなくて豆乳プリンとおから。豆乳プリンは早速おやつにしたら甘さ控えめながらも、大豆の風味が身体に嬉しい感じでした。

おからは結構な量が一袋50円で、今日卯の花煮にしました。ステンレスの鍋でやったのですが、いくら火加減を注意しても焦げ付いてしまってどうにもなりません。卯の花煮に限ったことではなく、やはりテフロンじゃないと作りにくいです。火を通すそばから焦げ付いてしまうのに焦って、火の通し方が少なかったのか、出来上がったらちょっと豆臭い感じが残ってしまったようでした。椎茸、牛蒡、人参、ねぎを入れて、久しぶりに健康的なおかずを食しました。ついでに半端ものの切り干し大根を戻したシンプルなサラダを一品。

次回は豆腐を買ってみましょう。子供の頃よく見た懐かしい感じの店構えや看板も、なんだか惹かれるものがあります。
posted by ムフテリフ at 20:54| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

腰痛続篇

年初から腰痛という冴えない状況だったのが、七草粥と共に引越したこの新天地で近所の接骨院で診療してもらったら、腰痛は骨盤のゆがみによるもので、痛くて当然の状態と言われたのでした。

それにしても、昨年11月に実家の近くの病院で整形外科で診てもらった時には、レントゲンも撮影したのですが、立って前に上体を倒して背中にゆがみがあるかどうかを「見た」だけで、「こういう腰痛症はよくあることで、うまくつきあっていくしかない」くらいのことを言われたのでした。やっぱりあの病院はダメだ、と思いを新たにしました。

そこは僕たちが子供の頃、盲腸の手術をした患者の腹の中にハサミを忘れて縫合してしまったというウワサがあったりしたのですが、最近はそんなことを言う輩もなくなり、全国の良い病院とかいう雑誌の特集にも名前が出たくらいではあるものの、今回の件でまたもや個人的には不信感が募りました。

それはさておき、腰痛体操を朝晩行っている毎日です。特に朝起きたときは身体が固まっている感じがするので、しっかり身体をほぐしてから起き上がるようにしています。なんだかじじむさいけど、いきなり起きてあちこちがつってしまってはどうにもならないので・・・。
posted by ムフテリフ at 22:43| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月01日

資料やら出張やら・・・

やっと新居にてインターネットができる環境が整いました。環境設定もけっこう面倒ですね。

先月、七草粥もそこそこに引越しを済ませて、ぽつりぽつりと荷物を片している間に短い出張に行くことになりました。行き先は飛行機で11時間ほどの欧州。時差ぼけになる暇もなく、帰国しました。

帰ってきたらまた資料作りがあり、予算編成があり、慣れないプログラムで要領を得ず同じところを出たり入ったり。そんなこんなで先週はあたふたしていました。

今週はなんだかお付き合い向上週間みたいで、夜の席が続きそうです。

年初から憂鬱の種だった腰痛は、柔道整復で診てもらったら骨盤のゆがみによるもので、腰痛になって当然の状態とのこと。ここしばらく通っていますが、回復してきているようで通院もあと数回で済みそうです。PCを使うときついつい姿勢が悪くなったりしますが、そうした日常のたるみがある日表面化するのですね。要注意。



posted by ムフテリフ at 21:58| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

資料やら出張やら・・・

やっと新居にてインターネットができる環境が整いました。環境設定もけっこう面倒ですね。

先月、七草粥もそこそこに引越しを済ませて、ぽつりぽつりと荷物を片している間に短い出張に行くことになりました。行き先は飛行機で11時間ほどの欧州。時差ぼけになる暇もなく、帰国しました。

帰ってきたらまた資料作りがあり、予算編成があり、慣れないプログラムで要領を得ず同じところを出たり入ったり。そんなこんなで先週はあたふたしていました。

今週はなんだかお付き合い向上週間みたいで、夜の席が続きそうです。

年初から憂鬱の種だった腰痛は、柔道整復で診てもらったら骨盤のゆがみによるもので、腰痛になって当然の状態とのこと。ここしばらく通っていますが、回復してきているようで通院もあと数回で済みそうです。PCを使うときついつい姿勢が悪くなったりしますが、そうした日常のたるみがある日表面化するのですね。要注意。



posted by ムフテリフ at 21:52| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

引越し

先週引越しをしました。

前回の記事で書いたようなトルコの諸手続きと違って、日本はとっても便利で感心してしまいました。水道、電気、ガスがいずれも電話ひとつで使用開始手続きが完了してしまい(ガスは人が来て立会いで開けてもらったわけですが)、手を煩わされるに済みました。

極力ものは増やさない、余計なものは置かないと思っていても、台所にはもう少し引き出しつきの収納ワゴンがあってもいいだろうかなどと考えているところです。

それにしても、このご時勢を反映してか、集合住宅ではお互い会ってもろくに挨拶もしないのでしょうか。ポストでちょっと時間くっていたら、あとから来た住人が裏口へ回って入っていったのが見えました。部外者が何かしていると思われたのでしょうけど、ちょっと悲しい気分でした。

会社に勤めながらの新環境整備なので、なかなか思うように進まず、やっと少し落ち着いてきたところです。そんなわけで、ブログの更新は後回しになっている状況です。
posted by ムフテリフ at 12:12| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

公共サービス 引越し

家運がなかったのかトルコでは何度も引越ししました。比較的落ち着いていた直近8年間でも同じ地区の中で3回しています。その際に面倒なのが公共料金の精算と異動手続きです。日本では電話一本で済む用事を、すべて出向いて直接やらなくてはいけないのです。名義人以外が出向く場合、公証人役場で事前に委任状を出してもらい、それを持って行くのですから余計に手間がかかります。ある意味それだけ本人確認をしっかりやっているのですね。

下の地図で星マークは僕が住んでいた地区、吹き出しは移転手続きなどをしてくれる関連会社の本局を示しています。

インフラ.jpg

通称ミニバス通りという大通りの近くに住んでいたので、そこへ出れば東西どちらへも行くこと自体は簡単です。

各本局へ出向いてやるのは基本的に
1 現住所での料金残額払い込みとその日時点でのメーター数値の通知
2 精算証明をもらって、あればデポジットの残金をもらい現住所でのアカウントをクローズしてもらう
3 それを受けてデポジットを払い新住所でのアカウントを開いてもらう

ここで支払い、あちらの角で領収書、そのとなりでハンコと、ぐるぐる回り、これを水道、電気、電話・CATV、ガスとそれぞれやるのです。言葉ができないとどうにもなりません。しかもそれぞれに直近請求書の提示、身分証明書のコピー、新規オープンのほうにはそれプラス賃貸契約書のコピーが必要なので、書類準備も相当です。行けば窓口は大行列だったりすることも多く、一日で全部回って解決できると、アンビリーバブル!と会社の総務担当に叫ばれるほどの仕事です。

本来、同じ人が同じ地区で移動するだけなら、住所変更ということだけでよさそうなものですが、理屈はそうでも結局クローズ→オープンという手続きが必要です。地図にあるようなアジア側では、初めにカドキョイの水道、電気を解決し、次に電話・CATV、最後にガスと回ると効率がよさそうです。かつては書類の数が多かったテレコムも最近は申請用紙一枚で済むし、ガスも割と効率よい処理の仕方なので、次第に手続きはラクになってきているようです。

posted by ムフテリフ at 10:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トルコ回想録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。