2006年03月14日

100円ショップ

海外からのお客さんが来ると、決まって連れて行くことにしているのが100円ショップです。安物ばかりだよと念を押すのですが、数で勝負のお土産を用意しないといけない人達もいて、大体喜ばれます。

先週末もトルコからのお客さん10人ほどを秋葉原ツアーの途中で駅近くの100円ショップへご案内。最初は「見るだけでいいよ」と言っていた人が真剣に物色して大袋いっぱいのお買い物をしたのには、思わず笑ってしまいました。

かくいう僕も、特に年明けからは常連のようになっています。引越ししてあれこれ買うのに、結構便利で使えるものがあって助かるのです。とはいえ、買ってみると「しまったぁ・・・」と思うものも時にはあります。例えば蛇口に付けるシャワー切替は口径に合わないものでした。玄関やベランダを掃くのに買った小さな箒とちりとりのセットはさんざんで、箒は一掃きした瞬間から毛が抜けていくし、ちりとりはへりの真ん中が浮き上がっていてゴミが素通りしてしまうシロモノ。

近所の店では食品以外の商品は一年間保証付きらしいのですが、大体がそのときあるものを売っていて、後から同じ商品が入荷できないこともある100円ショップで、保証なんて成り立つのだろうかと疑問に思えませんか?
posted by ムフテリフ at 19:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

最近の食生活

やっぱり食べ物の話はネタにしやすいもんです。

引越してひと月が過ぎ、1月末の忙しさもクリアして落ち着いてきたところで、最近自炊もできるリズムを取り戻しました。以前書いたように、また例のジェズヴェで一食二膳分のご飯を炊いては炊き立てを食べています。ただし困ったのが、今の家のガスコンロが「極弱火」にならないことで、そのせいでおこげの発生率が高くなってしまったことです。ごとくを2段重ねることを試しましたが、確かにおこげにならないものの、それでは折角あるもうひと口が使えません。今更炊飯器を買う気もしないでいたら、スーパーで10cm四方のミニ網を発見! 間に網を挟むことでで火加減の問題は解決。こけずに炊けるようになりました。

切り干し大根は煮込まなくてもシンプルなサラダで食べる横着さ。またご飯が炊けるのを待っている間に、つまみ食いで干し芋を食べたりしています。野菜を色々買ってサラダ・・・というのは苦手につき、ミニトマトを欠かさず食べています。

寒いのでココアをよく飲んでいます。理由はお茶ガラが発生しないから。もちろんあの香ばしさと甘さも好きです。悔しいのはあるスーパーで何気なく一袋買った翌日、違う店で特売で半額以下で同じものが売られているのを見た瞬間です。

朝食はしばらくシリアル+豆乳+果物というパターンが続いていましたが、先週からシリアルではなくてちょっと変えてサツマイモを電子レンジにかけたものを何回か試しています。

引越しして諸々の出費が落ち着いたら、気になるのはこのエンゲル係数の高さ・・・。
posted by ムフテリフ at 21:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

豆腐屋さん

引越してひと月が経ちました。一つ裏の通りが商店街になっていて、通っている接骨院、クリーニング屋、ドラッグストア、全く僕には用事のないパチンコ屋も含めて店が連なる中に豆腐屋があるのが前から気になっていました。

昨日通りがかったときに試しに買ってみました(日曜日は休み)。でも買ったのは豆腐ではなくて豆乳プリンとおから。豆乳プリンは早速おやつにしたら甘さ控えめながらも、大豆の風味が身体に嬉しい感じでした。

おからは結構な量が一袋50円で、今日卯の花煮にしました。ステンレスの鍋でやったのですが、いくら火加減を注意しても焦げ付いてしまってどうにもなりません。卯の花煮に限ったことではなく、やはりテフロンじゃないと作りにくいです。火を通すそばから焦げ付いてしまうのに焦って、火の通し方が少なかったのか、出来上がったらちょっと豆臭い感じが残ってしまったようでした。椎茸、牛蒡、人参、ねぎを入れて、久しぶりに健康的なおかずを食しました。ついでに半端ものの切り干し大根を戻したシンプルなサラダを一品。

次回は豆腐を買ってみましょう。子供の頃よく見た懐かしい感じの店構えや看板も、なんだか惹かれるものがあります。
posted by ムフテリフ at 20:54| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

腰痛続篇

年初から腰痛という冴えない状況だったのが、七草粥と共に引越したこの新天地で近所の接骨院で診療してもらったら、腰痛は骨盤のゆがみによるもので、痛くて当然の状態と言われたのでした。

それにしても、昨年11月に実家の近くの病院で整形外科で診てもらった時には、レントゲンも撮影したのですが、立って前に上体を倒して背中にゆがみがあるかどうかを「見た」だけで、「こういう腰痛症はよくあることで、うまくつきあっていくしかない」くらいのことを言われたのでした。やっぱりあの病院はダメだ、と思いを新たにしました。

そこは僕たちが子供の頃、盲腸の手術をした患者の腹の中にハサミを忘れて縫合してしまったというウワサがあったりしたのですが、最近はそんなことを言う輩もなくなり、全国の良い病院とかいう雑誌の特集にも名前が出たくらいではあるものの、今回の件でまたもや個人的には不信感が募りました。

それはさておき、腰痛体操を朝晩行っている毎日です。特に朝起きたときは身体が固まっている感じがするので、しっかり身体をほぐしてから起き上がるようにしています。なんだかじじむさいけど、いきなり起きてあちこちがつってしまってはどうにもならないので・・・。
posted by ムフテリフ at 22:43| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月01日

資料やら出張やら・・・

やっと新居にてインターネットができる環境が整いました。環境設定もけっこう面倒ですね。

先月、七草粥もそこそこに引越しを済ませて、ぽつりぽつりと荷物を片している間に短い出張に行くことになりました。行き先は飛行機で11時間ほどの欧州。時差ぼけになる暇もなく、帰国しました。

帰ってきたらまた資料作りがあり、予算編成があり、慣れないプログラムで要領を得ず同じところを出たり入ったり。そんなこんなで先週はあたふたしていました。

今週はなんだかお付き合い向上週間みたいで、夜の席が続きそうです。

年初から憂鬱の種だった腰痛は、柔道整復で診てもらったら骨盤のゆがみによるもので、腰痛になって当然の状態とのこと。ここしばらく通っていますが、回復してきているようで通院もあと数回で済みそうです。PCを使うときついつい姿勢が悪くなったりしますが、そうした日常のたるみがある日表面化するのですね。要注意。



posted by ムフテリフ at 21:58| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

資料やら出張やら・・・

やっと新居にてインターネットができる環境が整いました。環境設定もけっこう面倒ですね。

先月、七草粥もそこそこに引越しを済ませて、ぽつりぽつりと荷物を片している間に短い出張に行くことになりました。行き先は飛行機で11時間ほどの欧州。時差ぼけになる暇もなく、帰国しました。

帰ってきたらまた資料作りがあり、予算編成があり、慣れないプログラムで要領を得ず同じところを出たり入ったり。そんなこんなで先週はあたふたしていました。

今週はなんだかお付き合い向上週間みたいで、夜の席が続きそうです。

年初から憂鬱の種だった腰痛は、柔道整復で診てもらったら骨盤のゆがみによるもので、腰痛になって当然の状態とのこと。ここしばらく通っていますが、回復してきているようで通院もあと数回で済みそうです。PCを使うときついつい姿勢が悪くなったりしますが、そうした日常のたるみがある日表面化するのですね。要注意。



posted by ムフテリフ at 21:52| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

引越し

先週引越しをしました。

前回の記事で書いたようなトルコの諸手続きと違って、日本はとっても便利で感心してしまいました。水道、電気、ガスがいずれも電話ひとつで使用開始手続きが完了してしまい(ガスは人が来て立会いで開けてもらったわけですが)、手を煩わされるに済みました。

極力ものは増やさない、余計なものは置かないと思っていても、台所にはもう少し引き出しつきの収納ワゴンがあってもいいだろうかなどと考えているところです。

それにしても、このご時勢を反映してか、集合住宅ではお互い会ってもろくに挨拶もしないのでしょうか。ポストでちょっと時間くっていたら、あとから来た住人が裏口へ回って入っていったのが見えました。部外者が何かしていると思われたのでしょうけど、ちょっと悲しい気分でした。

会社に勤めながらの新環境整備なので、なかなか思うように進まず、やっと少し落ち着いてきたところです。そんなわけで、ブログの更新は後回しになっている状況です。
posted by ムフテリフ at 12:12| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月03日

腰痛

今年は年明けからこれです。以前からときどき発生してはだましだましやってきましたが、今回はちょっと重症かもしれません。

覚えている限り最初の腰痛体験は中一の冬休みでした。わけもなく突然腰痛になり歩くのも難儀した記憶があります。

次は5年ほど前のことで、二人で重いものを持ち上げようとしたとき、相方が「ちょっとまった」と言い負荷がすべてこちらにかかり、一週間の難儀。これは一時帰国中で、つまり腰痛をかかえて12時間も飛行機に乗りイスタンブルへ戻ったというおまけつきでした。

そして一昨年の春。なんだかもやもやするなぁと思っていたら、ある朝ひげを剃るのにかがめないのです。その日はなんとか誤魔化して出勤。会社で話をしたらたまた同僚がカイロプラクティックの治療を終えたばかりだというので、即座に紹介してもらい、通院しました。結局15回ほどの低周波?治療とマッサージ、柔軟体操で回復しました。

昨年はたいしたことなく済んでいましたが、11月に怪しげな兆候があり地元の病院で診てもらったところ、骨には異常なく、筋肉弛緩剤、痛み止め、湿布を処方されて終わり。それを服用するうちなんとなく回復したのでした。

今回は一昨日元旦の朝からもやもやでした。昨日起きたらちょっとしんどく、今朝は明け方まだ就寝中になんだかぎくっときたような・・・・今日明日で回復するか・・・明後日から仕事です。

皆さんもご注意あそばせ。
posted by ムフテリフ at 11:03| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月31日

年の瀬

個人的に大変化の続いた2005年が暮れようとしています。

特に年初に母と過ごせる最後の正月になるだろうという予想で一時帰国したあとトルコへ戻り、母入院の知らせを受けて1月下旬に再び飛んできて、2月上旬に母の葬儀、その後の諸々の整理、2月末にトルコへ戻り3月上旬にむこうの勤務先を退社して身辺整理にとりかかり、3月中旬に日本へ帰国したところまでは慌しく、母が亡くなったなどと悲しむ間もありませんでした。

その後も模索で「何もしていない」時期もあったものの、方向が決まるまでの間は落ち着かず、仕事に行くようになればなったで新たな環境になじんでいく過程があり、仕事にもなじんだとは言いがたい11月に出張に出て、公私共にその他諸々の用事をこなしているうちに大晦日を迎えました。

本当は悲しみにくれる一年だったのかもしれませんが、ばたばたとしていたからこそ生き生きとしていられたと思います(かつての延長線上でトルコにいたら、変化に乏しくなってきている環境の中で、母を亡くしたことをずっと引きずっていた可能性大です)。それも色々な方々との「ご縁」ですね。このブログを読んでくださっている方々、コメントを下さった方々も含めて、特に今年このムフテリフと関わり支えてくださった方々に感謝です。今年お力添えをしていただいた分、来年は直接・間接的にそれを還元していけたらいいなと思います。

来る年が皆さまにとって幸せな一年となりますように。
posted by ムフテリフ at 11:43| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月25日

右脳左脳 気のせい?

3月に帰国して以来ぼんやりと感じているのですが、何となく頭の回り方が違っているような気がします。遅くなったというか、緊張感がなくなったというか、そんな感じです。

一般的に左脳は論理を、右脳は非言語(イメージ)を扱うと言いますね。左脳は言語を司り母国語はその範疇に入り、後天的に習得した外国語は右脳のコントロールする部分だという記述を読むと、納得がいく部分が多々あります。いくら10年も住んで話せるようになっていたとはいえ、やはりトルコ語で話すときはそれなりに脳みそ、つまり右脳を叱咤激励しつつ回転させていた、それが今はないのでぼんやりしたような感覚なのでしょうか。

そんなことを考えつつサイトをあちこち見ていたら、次のサイトでついうなづいてしまうような記述を見つけました。www.geocities.com/Tokyo/9113/doctor7.htm-12k

今の僕の生活ではトルコ語で生活していた当時と違って右脳を日常的に刺激することがないのですね。振り返ってみると、トルコからの客人をキレながらお相手した10月の週末や先月の出張で海外へ出た際には、久しぶりに脳みそが稼動する、あの感覚がありました(もっとも特異のトルコ語ではなくてなまりきっている英語でしたが)。

ピアノも音楽も右脳を刺激する材料だとすれば、それが今の頼みの綱です。とはいえ、語学も忘れていかないように使い続けなくてはいけませんが。
posted by ムフテリフ at 11:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月20日

携帯電話の請求書が来ました。はさみを出すのが面倒だったので、封筒の端を破いて、そこから指を入れて封筒を裂きながら開くつもりでした。ところが、ピシッと鋭い痛みが人差し指の爪と肉の間に走り、思わず声を上げてしまいました。

紙で切り傷をすると、本当に痛いモンです。まさか、こんな封筒の中身でやってしまうとは。「紙で手を切ることがありますので、ご注意下さい」というアホな注意書きがなかったとか言って、電話屋を訴えてやろうかと一瞬思ったくらいです。

人差し指はどうにもなりません。洗いもの、風呂、何をするにも濡れて、まだ傷が新鮮なので痛みます。ま、一日我慢ですな。
posted by ムフテリフ at 22:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月06日

手前味噌

今日の画像は金時豆です。

日曜日にひがな一日ストーブで煮たものが少し余っていたので、写真を撮ってみました。
さて、作り方です・・・と行きたいところですが、これは我が家秘伝なので非公開です。僕自身もまだ暖簾分け(商売してるのではないけど一度言ってみたかった)して間もないのですが、今回のできはまずまずです。

では、お楽しみあれ。

kintokimame 001.jpg

posted by ムフテリフ at 21:00| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

お知らせ

しばし巡業の旅に出ます。
次のアクセスは師走に入る頃になりそうな気配です。
それでは。
posted by ムフテリフ at 13:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

ブログを振り返って

どうでもいいことを書き散らしているこのブログですが、それでも書くとなれば内容や展開を考えるし、適度な長さでまとめられるように推敲もするし、それなりに時間がかかります。一日中仕事でPCをいじって帰ってきて、その上またパチパチというのは気が乗らない・・・というのが今週の状況でした。

仕事のことはここで書くにはおのずと限度があり、会社員煩悩日記は頭打ち状態。練習が進んでいないので、ピアノのことも記事にならない。トルコ関係のネタも、豆でも煮て写真でも入れない限り、ある程度過去の回想:これは日本で再出発するための一種のモード転換でもあったわけですが、それも済みつつあります。

10月も後半に入り仕事面で気ぜわしくなってきたら、実際のところ腰を落ち着けてブログを書くのも減ってきています。それは言い方を変えると、あくまでも僕の場合ですが、エネルギーを傾ける対象が現れたということかもしれません。

そうかと言ってブログを止めるつもりはなく、今までよりはテンポダウンになっても、細々ぼそぼそと書きたいことを書き続けるつもりです。
posted by ムフテリフ at 21:25| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

寝違えたか?

先週は久しぶりにハイテンポというか、濃厚な一週間だったためか、天気の冴えなかった日曜日は終日家でだらだらしていました。夜は夜で雑誌を読み耽りながらいつの間にか寝入ってしまいました。久しぶりに9時間以上も眠ってしまったようです。

目覚めた昨日の朝、思い切って朝風呂をしてゆったりと出勤というところまではよかったものの、寝すぎたのか朝風呂の後冷えてしまったのか、会社に着く頃にはすっかり首が回らなくなっていました。

週明けからこれでは、やってられない。

終日我慢して仕事をして、帰宅後は低周波治療器でゆるりとさすりモード。またもやそのまま寝入ってしまいました。

今朝は昨日よりも痛みがひどくなっているような感じでしたが、こうなったらだましだまし一週間過ごすしかありません。初めてではないし、考えてみると毎年秋口から冬にかけてよくこうした状態になるのです。

やっぱり、肩と首の体操をおこたってはいけませんね。
posted by ムフテリフ at 22:21| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月18日

歯にまつわる話

子供の頃、甘いフルーツガムが大好きで虫歯になりました。永久歯が生え揃うと同時に歯医者で大治療をしてもらい、片っ端から詰め物やかぶせものをしてもらいました。

それに懲りて歯磨きは割合真剣にやっていましたが、大治療の時に治らなかったのか10年ほど前に第二臼歯を一本抜歯しました。麻酔をしても大きな歯がギゴギゴ引き抜かれるときには、その音が体内に共鳴して気味悪く、全身汗だくになったのを今でも思い出します。

後には大きな穴が空きました。ブリッジをしたかったのですが、「肉も乗っていないところへ処置して手直しが必要になると、前後の歯もまた痛めることになりかねない、海外の歯医者はすぐに抜歯するから」という話を聞き、トルコへ行くことも考慮して入れ歯を使うことになりました。

そうしてトルコで過ごすこと10年、数年前の一時帰国の際に歯石の除去をしてもらい、2年ほど前には残っている第二臼歯のうち一本の銀冠?がはずれたのでトルコでセラミックを入れました。このセラミックは正解でした。4回の通院で処置が完了し、しかも1万円弱だったのです。

ちなみに小麦粉は頑固な歯石になりやすいのだそうです。従い、パンを主食としている或いはケーキやビスケットの類がお好きな方々は注意されたほうがよろしいかもしれません。

最低年に一度は検診を受けましょうとは、宣伝文句。それこそ何年も歯医者に行くことはありませんでした。今日歯科検診を受けたら虫歯はなかったものの、やはり歯石がちょっとあり、処置をしてもらいました。歯の磨き方についても注意を受け、フロスも週一回はするようにと指導を受け、なかなか有意義な検診でした。
posted by ムフテリフ at 21:03| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

xxxの秋

涼しくなって、ようやく調子が出てきました。

●食欲
果物が色々食べられて嬉しい!
先日テレビでやっていた加薬ご飯と腹子めしが美味しそうだった
トルコでよく作っていた白豆のトマト煮を久しぶりに作ろう(レシピを載せる予定)
ついでに我が家秘伝の?金時豆も・・・

●芸術
ピアノは言わずもがな、続行
Galateaさんのブログで紹介された色彩楽の本を読んで触発されて、色見本帳を買いに行ったら、水彩色鉛筆の絵の描き方を紹介している本を見つけて、絵に挑戦してみたい心持ち
コンサートのひとつやふたつにも行きたい

●スポーツ
来月からぼちぼちとフィットネスに通おうかと計画中

●仕事
ようやく仕事らしいことをやっている感じになってきた
面白いのも大変なのもこれから
でも何をやっても、どんなことでも自分の糧になると思えば、やっていけそう
posted by ムフテリフ at 21:56| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月11日

パキスタンの地震

以前お世話になった人がパキスタンにいる。日本のご家族に電話で尋ねてみたら、無事でいるとのことで安心した。

JICAの方が亡くなったアパートの映像は、99年にトルコで起こったイズミット大地震でのアパートの損傷の様子を連想させるものがある。揺れが大きかったのもあるにせよ、おそらく壁が建物の重さを支える構造になっていなくて、下の階からパンケーキ状に順番につぶれていったのではないだろうか。トルコではそうした形で被災した、亡くなった人が多かった。

新聞の夕刊に、学校で被災した少女の記事が出ていた。「学校は怖いから行きたくない。近くの新学校に通う」と言ったそうだ。どの学校へ行くにせよ、地震で心理的にダメージを受けた人たちの心の回復にも、相当時間がかかるのだろうと思う。

のんきにブログをつづっている僕も、大地震や不慮の事故であっけなく死んでしまうかもしれない。いつ死んでもいいように、毎日精一杯生きて、「今日はこれをやった、これを学んだ」と思えるような生き方を続けなくては・・・。
posted by ムフテリフ at 21:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月09日

もったいないけど・・・

次のような品物を皆さんどうしていますか?
   ・のし紙が巻かれて来る「xx商店」みたいなタオル
   ・多種多様な引き出物

我が家では、「今使っているものが使えるからもったいない、新しいのはまだ出さないでおこう」と取り置きしておくのが常です。その結果、物持ちがよいこともあり世代交代が進みません。なまじ場所があるのに甘んじて今までは取っておきましたが、いよいよ整理することにしました。

タオル、雑巾は一斉に代替え。

困ってしまうのが何セットもある茶器です。それぞれが数としては揃っていても(中には湯呑みが10個のセットもありました)、デザイン的にはどうにも古めかしく、家族数も減った現状ではどうにも活用しがたいのです。

タオルケットや毛布の類もしかり。確かに今使っているものの中には古ぼけたものもあるので、それは代替え。それでもこんなに数があっても仕方がありません。アフリカへ毛布を送る運動にでも寄付しようかと考えたりしています。

お盆、パンを食べて集めたシールでもらった白い食器類、重箱・・・タオルも茶器もひっくるめて、これらは売っても売れず、捨てればもったいないことこの上なく、取っておけば場所を取るばかり。

付届けや引き出物は長きに渡る慣習であり、それを出さないことももらわないこともはばかられるけれども、既に引き出物は実用的な商品券に取って代わっている部分があるにせよ、なんとかならんかなぁと思うのです。
posted by ムフテリフ at 10:44| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メカに弱い年寄りになりつつある?

会社に業務用の大きいシュレッダーがあります。一昨日使おうと思って前に立つと、「中が満杯です」という警告ランプが点滅していました。カバーを開けて中を見てみると空っぽで、満杯という警告なんてありえない様子です。受け篭が奥まで入っていないのかと思い、入れなおしても変わりなく、悲しくも警告ランプは点滅しているままです。

「こないだコピーで同じようなことがあったよなぁ・・・」と思っているところへ、経理の人が来てヘルプしてくれました。彼がやったのは、なんてことはない、カバーを開けてメインスイッチを切ってスイッチを入れなおしただけでした。お騒がせしたというか、こんなことなら自分でもできたのに、すぐにやらなかった大間抜け。

自宅のパソコンでも、オンオフをやってもフリーズが解除できなければバッテリーをはずすとか、数字しか打てない状況になったらそれはナンバーロックがかかっているのだとか、意外に単純なところに気がつかないで、コールセンターに電話をして恥ずかしい思いをしたりしています。

いずれもパニックしているわけではありません。ただ、意外に単純なことが見えていないというか、思いつかない、そんな感じです。ひょっとすると日常生活や仕事の中でも、(僕の場合)そんなケースが多いのかもしれません。それとも単なる注意力散漫?
posted by ムフテリフ at 10:20| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。