2005年09月20日

一部トルコ回想録 こんにちは

今の職場に勤め始めて、早いものでひと月半が過ぎました。久しぶりの日本での会社勤めで戸惑うことが多々ありますが、挨拶もそのひとつです。

トルコでは(前の職場では、と但し書きしましょう)、同じ人と日中何度顔を合わせても「セラーム」などとお互いに挨拶をしていたので、いまだにその感覚が抜けません。同じ会社の人なのに、何も言わずに仏頂面で通り過ぎるのもいかがなものかと思い、すれ違う人にやたらに「こんにちは」と言ってしまうのですが、言われた方は「え、何?」みたいな怪訝な顔をしているというパターンがよくあります。それでもめげずに?挨拶を続けています。

「こんにちは」を言うときに、「ん」と「に」がつづまって、日本語習いたての外国人が「コニチハ」と言う様なリズムになってしまうこともあり、我ながら笑っていいやら、冷や汗したらよいのやら。かつて、あるところで、「あなたのアリガトウゴザイマスは外国人のアイガトゴザイマスみたいだ」と言われた経験もあり、全音節均等発声の日本語のリズムを守るべく、ぎこちなく母語を操る今日この頃です。

「え、何?」の原因は、この辺にあるのかもしれない。

それから、体育会系の「押忍!」ではありませんが、「おはようございます」が「おいっす」みたいにつづまっていて、しかも気合を入れた言い方がありますよね。あれはどうも個人的には・・・従い、省略なしで言っています。ただし気合も入れていないので、テンポが合わないなぁと感じることもあります。

ところで会計の皆さん、昨今伝票処理でおかしなことばかりやっていますが、許してください。それこそ、「こんにちは」と挨拶しつつ、謝りに行かなくてはいけないと思っています。
posted by ムフテリフ at 21:18| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 会社員煩悩日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あら、私も、どの会社でも、会う度ニコニコしながら『こんにちは♪』ってやってましたよ。
それって、みんな変だと思ってたのかしら?
だから、相手もやけにニコニコしてお返事かえしてくれてたのかな?
『やっぱ、コノ子、変だわ・・・』って。
Posted by ヒロリン at 2005年09月21日 16:03
それでもいつかはきっと効果が現れるはずと思っています。
Posted by ムフテリフ at 2005年09月22日 21:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7131522

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。