2005年09月03日

たかがプレゼン されどプレゼン

今から書くことは、決して今の職場を指しているまたは批判するものではなく、これまでの経験からの印象です。

およそ皆さんも御馴染みのパワーポイント、プレゼン資料作成に必須のアプリケーションですよね。あれなしでは、現代会社員の仕事は成り立たないといった感じがします。誰もが編集プロダクションになってしまえる利点があるのと裏腹に、資料作成に飲み込まれてしまうような状況もありませんか? やたらに色をつけたり、枠で囲んだり、画像を取り込んだり、アニメーションをつけたり・・・・いくらでもやることはあります。

個人的にはページ数は最低限に、色目は3色程度、効果設定も極めて少なく、字面も少なく、を方針にしています。どの道口頭で説明をするのだから、説明で補える枝葉は資料でははぶいたっていいだろう、全部を字や画像で盛り込むことはないと思うのです。(とはいえ、自分で作った資料があまりにも簡素に見えてしまうことも多々あります・・・)

いつか上司という立場になったら、プレゼン資料をやたらにこってり作ってる部下は査定で減点する、などと考えています。(その前に、「インパクトのある資料を作れないヤツ」と、減点食らったりして・・・)
posted by ムフテリフ at 11:02| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 会社員煩悩日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
へへ。面白いですね♪
ムフテリフさんらしい気がして、ニコニコ読みました。
私も、学習参考書を買う時
(いまだに大学受験用の英語の参考書や問題集を定期的に買ってます。趣味の一環。)、
レイアウトやデザインがゴテゴテだと絶対に買いません。
中身がシンプルで美しい事は内容以上に重要なんです。
それと、問題集の場合は薄いこと。
実際には暇つぶし程度にもやらないので、薄くて充分な訳です。
必要最低限の美しさって、とっても心地いいです。
ただ、凝っている方が好きな人も多そうですよね。
ムフテリフさんが減点くらわないようにとお祈りしてますよ〜^^
人の感性って色々で興味深いですね。
Posted by marinyann at 2005年09月03日 18:47
僕の場合、凝ってしまうことで全体のまとまりがつかなくなることが気になるので、自然にあっさりした感じにまとまるようです。それはプレゼンだけではなくて着ているものもしかりで、引き出しを見ると、なんだか同じようなものばっかりだなぁと思うことが多々あります。その反動で原色の赤やパステル系のペールグリーンなどを買ってしまうこともあるのですが・・・。
Posted by ムフテリフ at 2005年09月05日 18:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6513760

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。