2005年08月17日

メイドさん

3年ほど前に知人が帰国した時に、その家に来ていたメイドさんを引き継ぐことになりました。それまでは「そんな、人を使うなんて恐れ多い・・・」と思って、一人で暮らすのに気にならない程度に自分でできる範囲で掃除をしていた僕のアパートに隔週で一回ずつおばさんに来てもらい、掃除全般、洗濯物、アイロンがけをしてもらうことになりました。

通常メイドさんたちは朝9時か10時ごろ来て、仕事が済むと4時か5時ごろ帰っていきます。初日、真冬の日が一番短い頃でしたが、真っ暗になった7時前にアパートに戻ると、なんと部屋に電気がついています。「おばさん、電気消して帰れよなぁ・・」とドアを開けると、メイドさんがまだ雑巾で床をごしごし拭いています。

「あんた、もっとちゃんと人間らしく生活しなきゃダメよ!」
exclamation&question こんなに遅くまでやってくれなくっていいのに。終わらなかったら次回にしてくれればいいよ。」
「それじゃ私の信条に反するの。それに、一度大掃除して完全に綺麗にしてからじゃなきゃ、いつまでたってもきたないまんま。これじゃ一人じゃ終わらないから、次はうちの嫁を連れてくる。それで一度綺麗な状態にする。」
「おばさん以外の人には来てもらいたくない。」
「何言ってるの! まったく・・・」

と、ハイテンションに叱られてしまいました。人間らしくないとはお言葉あんまりだったけど、確かに掃除が行き届かなかったことは認めます。でも、生活できないような病気になるような掃き溜めのようなレベルでは決してなかったので、念のため。

やがておばさんは引上げていきました。家の中をこわごわ見て回り、ピカピカになったリビングと台所には思わず歓声を上げてしまいました。ちなみにアルミの鍋は底が出べそになるくらい力を入れて磨き上げてくれたらしく、その後ついに座りが悪いのが直りませんでした。

ただ気になったのは部屋に充満する漂白剤の臭い。そう、聞きしに勝る漂白剤の大量使用です。すぐさま換気作業に入りました。

とにかく白いものは雪のように真っ白でないと許せない、そうすることがトルコの女性の沽券に関わると聞いたこともあります。レースのカーテンなどは人によっては「煮る」そうですから・・・トルコの洗濯機は水温調整ができるようになっていて、水だけを引くタイプでも水を温めて90度までの温水で洗濯ができます。洗濯といえば洗剤も大量に使われたので、即座に注意。洗濯物の表面に残った洗剤でかゆみが発生したという理由をかかげました。

窓もピカピカでした。これも沽券問題だそうです。窓とレースのカーテンがポイントなのです。

アイロンもズボンの筋が見事にピチ〜ッと通っていました。後ろ側もあまりにも上までアイロンがきいて、プレスのラインが腰周りのすぐ下まできていて驚いたくらいです。ここで急に会社員煩悩日記に入りますが、今こうして蒸し風呂のような東京の自宅で一週間分のシャツをプレスしていると、イスタンブルのメイドさんには本当にいい仕事をしてもらった、ありがたかったと素直に思います。

でも、今のこれが現実。自分のことを自分でやるのが本来の姿だと思っています。日本でなら満員電車に乗って通勤するサラリーマンやスーパーで今日はあっちが10円安いからという生活をしている日本人が、トルコあたりでメイドを使っているのが「シンデレラ」みたいな状況なのであって、それが証拠に帰国した人から度々「やっと普通の生活に戻りました」というフレーズを聞いたものでした。僕も(トルコではつつましい生活をしていたけど、それでも)同じようなことを感じているところがあります。

そもそもトルコは類まれな親日国で住み心地は良いのですが、「シンデレラ」の生活はぬるま湯で甘ったれているように、それを当然だと思ってずっとお気楽外国人の生活をしていると、腐ってしまうように感じました。考え過ぎかもしれないけど、これも帰国を決めた理由の一つでした。
posted by ムフテリフ at 21:21| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | トルコ回想録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごいですね。腐ってもいいからトルコに行きたくなったな。
Posted by ドラム小僧 at 2005年08月17日 21:39
こんばんは。早速コメントが来たということは、今オンラインでいらっしゃるのですね。

こういう話は抜きにしても、トルコは色々な事柄で様々な様相を呈するので面白いところだと思います。ところで、むこうでは職場が日系だったこともあり日本人の同僚はいたし、仕事柄通訳翻訳で日本語とトルコ語を行き来する生活をしていたので、日本語を常に話す環境にいました。それでもプライベートではあまり日本人社会に入らないでいました。そのほうが僕の場合はうまくいったのです。
Posted by ムフテリフ at 2005年08月17日 21:46
貴ブログ常連のNoriさんがうちに遊びに来ましたよ。
Posted by ドラム小僧 at 2005年08月18日 23:08
そのようですね。きっとそのうちに・・・とは思っていたけど、彼女も多彩(多才)で面白いです。
Posted by ムフテリフ at 2005年08月19日 20:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5990382

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。