2007年10月09日

カランコエ

部屋に鉢物の花を飾ろうと思って買ったのがカランコエ。
濃いクリーム色が気に入って買ったのが夏の始まりの頃。
大きな株で花が沢山ついていた。

その後、酷暑の7月を経て暑さの為か、水をやりすぎたのか、見る見る弱っていき、世話も出来ないでいるうちにすっかり枯れ果ててしまった。

と思いきや、茎の根元に近いところに数本脇芽が出ていたのを切り、直接土に挿してみた。まだどうなるか分からないけど、葉っぱが少し元気になってきたところをみると、この怪しい挿し芽?は効を奏したのかもしれない。

この一本の芽から再び沢山の花がつくだろうか。

カランコエに限らず、植物を見ていると、考えさせられる。
種類によっては本当に小さな種から芽が出て、葉が増え、花が咲く。
或いは大きく育って大木になる。
踏みしだかれることもあるかもしれない。
何も言わなくても、それでも伸びていく・・・。

posted by ムフテリフ at 04:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
また元気になってくれるといいですね!
そのときは是非、画像をアップしてください。

世話をサボると黙って枯れていってしまう植物ですが、お水をあげるとしゃきーーんっと元気になってくれるのを見ると、なんだか嬉しくなります。
Posted by kylin at 2007年10月09日 22:24
Kylinさん

お立ち寄り、ありがとう。
そう、ちゃんと水やって、世話しないとね。

ドラセナも説明書きにあったように水をやっていたら、全然水不足のようで、葉っぱがみな黄色くなってきたので水遣りを増やしてみたりしてます。

今回はカランコエを何とか救って元気にさせたい。
Posted by ムフテリフ at 2007年10月10日 05:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。