2005年07月23日

フジ子・ヘミングのCD

「こころの軌跡」というCDを買いました。収録されているラ・カンパネラを聴いての印象です。

こんなに訴えかける弾き方があるんだ。エッセイで彼女の生きてきた道はおぼろげに知っていたけど、あの波乱万丈を乗り越えてきた人の演奏。

鐘の連打のようなレ♯にこんなに表情を持たせるには技術的な練習だけじゃなくて、人生の修行というか人として熟することが必要なんだろうなぁ。しかるべき時にしかるべき事を全てした者だけが熟するのだろうか。いや、自分は自分。色々なことがあったりなかったりしても、自分なりの軌跡を描いていけばいいし、歩き続けていくのみ。

今まで聞いたことのあるシフラの演奏とは全く別の世界。シフラのは、なんというかテンポとパワーで押しまくっているように思えてきた。聴いて好きになった曲をお手本にしながらさらっていく我が身にとって、最初に聴く演奏次第でイメージが決まってしまうから、誰の演奏を聴くかがとても重要。

大ポロも初めて聴いたのはマルタ・アルゲリッチのCD、最近になって他のピアニストのCDを聴いた。シフラとアルゲリッチの演奏には、超天才的、超技巧的で共通するものがあるような気がする。今まではそういう傾向の「うおぉ〜!」と人を圧倒するような演奏に惹かれたけど、最近はそれよりももっと生身の人間が感じられるような演奏も心地よく思えるようになってきた。
posted by ムフテリフ at 11:11| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(1) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私がピアノの練習を再開したのは彼女のおかげなんです。
彼女のピアノを聴いて、下手でも心を込めて弾けばいいんだって気づかされました。(彼女はかなり上手ですけどね!)
なんか「ああ、人が弾いてるんだなあ」ってそう思える不思議な力が彼女のピアノにはあると思います。
Posted by スミゴルフ at 2005年07月23日 11:56
そうそう、その「人が弾いてる」という感じです。人間色々あるよね、みたいな。僕はどうしても譜ヅラをたどるのに終始してしまうのです。好きだから弾いてる、その延長線で、そのうち味が出せるのかなぁ・・・。
Posted by ムフテリフ at 2005年07月23日 12:46
こういうのの仕組みがよくわかってなくて、最初にコメントを書いた時、
ムフテリフさんだけじゃなくて、他の皆さんからも読めることがわかってビックリした私です。

さっきの地震でうちのマンションのエレベーターは止まってしまいました。
(ここ3年ばかり、マンション住まいです。)

あの〜、オフ会する時には、声をかけてくださ〜い♪
周りにピアノを弾く友人がほとんどいなくて、寂しい思いをしています。
耳も悪いし、技術もないし、練習もあまりしない落ちこぼれですけど...よろしくお願いします♪
Posted by ヒロリン♪ at 2005年07月23日 17:04
ヒロリンさん

こちらこそ、どこかでオフ会の話があったら情報をお願いしたいくらいです。ところで、ヒロリンさんのお住まいはどちらですか?

地震は久しぶりに気味悪い思いをしました。上空では地震直後からヘリコプターがしきりに飛び交っています。
Posted by ムフテリフ at 2005年07月23日 19:40
おおー、盛り上がってますねえ。

フジ子・へミングのCD欲しいんだあ。
今年の冬、日本で彼女の弾いてるラ・カンパネラ聴いてめちゃ感動したよ。って、話したよねえ?

彼女のことを下手だって言う人もいるけど、自分らの弾いてるピアノはどうなんだ? っていいたくなる。 彼女くらい伝わってくるものがあるのかなあ?

聴きたい!!
Posted by Nori at 2005年07月24日 04:58
フジ子・ヘミング真実の軌跡(喜多麗子、角川書店)に、彼女自身の言葉として、

「十二時間練習をして、コンクールで賞を取っても、それは素晴らしいとは思わない。もっと人生の経験をしたほうがいい。機会のようにものさしみたいに、テクニックばっかり訓練している人っているわよ。でもそれだけが芸術じゃない」

というくだりがあります。僕たち素人ピアノ愛好家にはこれ以上励みになる言葉はない!と思ってます。だって、ピアノ専門で生きているわけではなくて、生活や仕事や日常の色々なことがあって、その中でピアノを続けているんだから。
Posted by ムフテリフ at 2005年07月24日 09:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5296321

この記事へのトラックバック

フジ子・ヘミング☆もうひとつの世界展
Excerpt: フジ子・ヘミングはいまや最も有名なピアニスト けれど、彼女はいろいろな世界をもっている。 その世界のひとつが「絵画」だ。   今まで写真では観ていたけれど、 今回は茨城県のとあ..
Weblog: LIFE☆is・・・CUTIEFULL☆!
Tracked: 2005-07-26 16:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。