2005年06月19日

ショパン グランドポロネーズ

ピアノの練習のこと「も」書かないと、嘘つきブログになってしまいそうな感じになってきた。

さて、グランドポロネーズの譜読みが少し進んだ。
GP3.JPG
これは第一主題の繰り返しで出てくる部分で、前回の3連音符に続いて技術不足に泣かされているフレーズ。最頂点からド♯ドシシ♭ソミドシシ♭ソミの切ない下降がことごとくはずれる。ゆっくりやるしかないなぁ。僕の買った譜面はアメリカのものらしいけど、指番号が全然ふってない。こういう細かいフレーズではやはりヘルプ的に指南が欲しいと思う。

GP4.JPG
これはコーダ?に入ったところで、前後のまとまりと合わせて2度現れる。こういう半音階の動きを読むには、まず一度読み始めて「やってられん!」と放り投げた後、観念してさらういつものパターンになった。

一音ずつただ単に♯だ♭だとさらっては覚えにくい。何か規則性がないかと思って3連音符の呪縛から逃れてみると、二つのルールを発見。
1) 初めの2音は一度で上がり、上がった所から半音ずつ下がる上がるを10回繰り返す。これを4セットやる。
2) 次に左手がシンコペーションを刻むところで、右はファからラ♭に上がり半音ずつ3音下がる。そこから3度上がって再度半音ずつ3音下がる。つまり4音ずつにばらしてみたわけ。それで最頂点はレ♯。

・・・ここは既に左手は十分に練習できているので、右手をこのように一度ばらしてさらった後、左手とゆっくりと合わせた。これで先にさらってあるコーダの最終部に突入できる。

とはいえ、まだ中抜けでさらえていないフレーズがひとつあり、それはまた後で。

posted by ムフテリフ at 20:10| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
グランドポロネーズだなんて、名前を聞いただけで私にとっては別世界です。
集中力と根気が必要ですか?
とっても難しそうですね。
がんばってね♪
いつの日か、聴かせてください(*^-^*)
Posted by mari at 2005年07月26日 07:46
集中力と根気、それは無理せず続く限りです。例えば初めても気分が乗らなければ3分でやめることもあるし、逆に1時間以上も続ける事だってあります。嫌になりそうになったらやめる、これがコツ!
Posted by ムフテリフ at 2005年07月30日 13:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。