2006年05月03日

本番ルポ3 余興のカンパネラ

2006年5月1日

昼間の日程が済み、夜は参加者とボランティアの皆さんの手作り料理を堪能するパーティー。ある程度食べるものは食べたし、折角ピアノもあるので、またもや余興で弾かせてもらう。グランドピアノが気兼ねなく弾けるのは何よりも嬉しい。

珍しくベートーベンの月光から始めてみる。
この数日で仲良くなった参加者の何人かがピアノの周りに集まってきてくれる。弾くのを近くで見られるのは日頃は恥ずかしいものがあるけれど、今回は何となくそれが温かく心強く感じられる。気がつけば某国から参加している女性が月光に合わせて踊っている。

何曲か弾いた後、やっぱりカンパネラをもう一度、という声で再び弾いてみる。

「少し抑え目にしてみたらどうか」というヒントをもらいつつ、集まってきている皆さんの応援に応えるべく、心を込めて弾いてみる。イベントの本番は終わったけど、僕にとってこれは別の意味での本番。リラックスして、一昨日の本番よりももっと楽しく弾けていると感じる。最後の一打ちが終わるとピアノを囲んでいる人たち、離れたテーブルにいた人たちから拍手を頂く。「抑え目に」とおっしゃった方は、「今までで一番良い演奏だった」とお言葉をくれる。


こうしてラ・カンパネラ初公開(?)は幕を閉じる。

*********************

本番やリハーサルの後、こうした余興での演奏の後で、「良い演奏だった、音に心がこもっていた、感激した」というようなコメントを下さった方々がいたが、演奏の内容からして冷静に客観的に考えてこれを額面どおり受け取らないにしても、このようなお言葉を頂けたのは、大きな収穫。これで調子付くことなく、「ピアノが好きであること」を大切にしながら、これからも弾き続けて、願わくば違った機会で演奏をしていきたいと思う。
posted by ムフテリフ at 18:56| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ。
充実した連休をお過ごしですね。
人前での披露を無事終わられたようで、お疲れ様でした。
得るものも多かったようで、よかったです。
習いに行かず、独学でもここまで弾けるようになるんですねぇ。
習ってる身としては、もっと精進せねば。。。
Posted by kylin at 2006年05月03日 20:06
>Kylinさん
最近はあまりお邪魔してませんが、練習日記は良い刺激になり、読んではなるほど・・・と思っています。これからも練習日記楽しみにしています。
Posted by ムフテリフ at 2006年05月04日 12:57
よかったねー!
なんか満足のいく週末だったようで。
でもでもやっぱり目の前で聴きたかったよ。
そこにいられないのが残念でした。
とってもよかったんだろうなあ、演奏。
皆さんからもいいお言葉をいただいたようでほんとに励みになるね。
これからもがんばってねん。
いつかまたうちで聴かせてちょ。
Posted by Nori at 2006年05月05日 20:24
>Noriさん
ありがとう。そのうちどこかで聴いていただくということで。これでひと段落着いたので、しばらくは仕事に専念、というところかな。
Posted by ムフテリフ at 2006年05月05日 21:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17346335

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。