2006年05月03日

本番ルポ1 現地入り

兼ねてより触れていた「本番」の報告です。
この数日を振り返りつつ・・・


2006年4月29日

GW初日。東京は薄曇り。
出発前に朝イチで接骨院で腰痛治療の施術をしてもらう。
「今週も固まってるねぇ。本番はもう終わったの?」と先生。
「これから行くから、その前にほぐしてもらおうと思って・・・」と僕。

新幹線と在来線で久しぶりに初めての土地への旅。
在来線の特急なんてすいているかと思いきや、やはりGW初日なのか、指定席は満席のため自由席からの席替えは受け付けないとのアナウンス有り。
やっぱり予約しておいたのは正解。

現地に到着したのが午後2時半。
快晴で暑いくらい。

すぐにタクシーを拾って会場である文化会館へ向かう。
入り口吹抜けの作りがとても気持ち良い。
イベントの設営作業が続いているのを横目で見ながら、予めお願いしておいたので会場のグランドピアノで指慣らしをさせてもらう。
ピアノの状態は多分良さそうだけど、ペダルの踏込み幅が結構深い。これはしっかり踏み変えないと音が濁りそう。

ピアニストでござぁい、と言っていられないのが今回のイベント。
ボランティアとして裏方のお手伝いもすることになっていたので、できそうなことを見つけて適宜やっていく。
国内外の参加者があり、宿泊所では及ばずながらチェックインやら注意事項の説明やら、翌日の日程の確認やらをする。

夜は前夜祭。
ここにもまたピアノがあり、ご飯のおかずにパラパラとクラッシックを弾く。美味しそうな海の幸山の幸が並んでいたけど、食いっぱぐした感有り。それよりも聴いてくれている人がいようといまいと、ピアノをずっと弾いていられることの方が嬉しい。

前夜祭の後片付けをして夜中近くに就寝。

posted by ムフテリフ at 18:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17345290

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。