2006年04月09日

和菓子

桜を愛でつつ・・・

maccha.JPG

控えめな甘さ、色使い、サイズ、繊細な仕上げは和菓子ならではです。
ニッポンを強烈に意識させられるものの一つです。

ニッポンの繊細さ
トルコの大らかさ
ヨーロッパの洗練性
・・・そんなものをバランスよく兼ね備えてみたいと抹茶をすすりながら思うのでした。
posted by ムフテリフ at 08:51| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわー。
春を満喫されてますね。
こちらも今週末は桜が満開。
街中、人であふれかえっています。

ピンク色に染まった景色を見ると、たった1週間ほどのためにこんなに桜を植えている日本人は、風流だなぁと思いますね。
Posted by kylin at 2006年04月09日 13:13
花でも愛でなきゃ、やってられません。それにしても、歩き回ると、そこかしこに隠れた小さな桜の名所があるのに気付きます。例えば山手線の線路沿い、うちの近所の団地の通り・・・

京都は円山公園の桜がまだ見られるのですか?ニュースでまだ綺麗な映像が週末出ていました。桜が咲くのは早まり、紅葉は遅くなってきているとも聞きました。以前は京都の紅葉は10月後半だったのでしょう? 一昨年もトルコのご一行を連れて行ったのが11月初めだったのにまだ木々が青々としていました。
Posted by ムフテリフ at 2006年04月10日 23:27
土曜に四条へ行ったのですが、すごい人ごみでした。
円山公園や清水さんは見ごろだったんでしょうねぇ。
今日は大雨だし、もう散っちゃうかな。

今年の桜は若干遅めだったような気もしますが、紅葉はほんとに遅くなってますね。
2年ほど前は、12月になってもほとんど紅葉せずに立ち枯れしてしまったようです。
Posted by kylin at 2006年04月11日 22:59
和菓子は、素敵です。
 季節を感じますよね、、、。
Posted by 中村ゆき at 2006年04月13日 23:18
>Kylinさん
立枯れ!? そんなことがあるんだ・・・枯れた木と言えば、老齢の大木が、幹ががらんどうになっていてそこにセメントを流し込まれているのも、なんだか妙に痛々しいものがあります。

>ゆきさん
いらっしゃい! 地域の名品なんていうのもありますよね。うちの近所の和菓子屋では甘さ控えめの栗蒸しようかんが住民投票?で逸品に輝いたのだとか。
Posted by ムフテリフ at 2006年04月14日 20:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16334909

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。