2005年12月25日

右脳左脳 気のせい?

3月に帰国して以来ぼんやりと感じているのですが、何となく頭の回り方が違っているような気がします。遅くなったというか、緊張感がなくなったというか、そんな感じです。

一般的に左脳は論理を、右脳は非言語(イメージ)を扱うと言いますね。左脳は言語を司り母国語はその範疇に入り、後天的に習得した外国語は右脳のコントロールする部分だという記述を読むと、納得がいく部分が多々あります。いくら10年も住んで話せるようになっていたとはいえ、やはりトルコ語で話すときはそれなりに脳みそ、つまり右脳を叱咤激励しつつ回転させていた、それが今はないのでぼんやりしたような感覚なのでしょうか。

そんなことを考えつつサイトをあちこち見ていたら、次のサイトでついうなづいてしまうような記述を見つけました。www.geocities.com/Tokyo/9113/doctor7.htm-12k

今の僕の生活ではトルコ語で生活していた当時と違って右脳を日常的に刺激することがないのですね。振り返ってみると、トルコからの客人をキレながらお相手した10月の週末や先月の出張で海外へ出た際には、久しぶりに脳みそが稼動する、あの感覚がありました(もっとも特異のトルコ語ではなくてなまりきっている英語でしたが)。

ピアノも音楽も右脳を刺激する材料だとすれば、それが今の頼みの綱です。とはいえ、語学も忘れていかないように使い続けなくてはいけませんが。
posted by ムフテリフ at 11:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11020981

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。