2007年10月09日

カランコエ

部屋に鉢物の花を飾ろうと思って買ったのがカランコエ。
濃いクリーム色が気に入って買ったのが夏の始まりの頃。
大きな株で花が沢山ついていた。

その後、酷暑の7月を経て暑さの為か、水をやりすぎたのか、見る見る弱っていき、世話も出来ないでいるうちにすっかり枯れ果ててしまった。

と思いきや、茎の根元に近いところに数本脇芽が出ていたのを切り、直接土に挿してみた。まだどうなるか分からないけど、葉っぱが少し元気になってきたところをみると、この怪しい挿し芽?は効を奏したのかもしれない。

この一本の芽から再び沢山の花がつくだろうか。

カランコエに限らず、植物を見ていると、考えさせられる。
種類によっては本当に小さな種から芽が出て、葉が増え、花が咲く。
或いは大きく育って大木になる。
踏みしだかれることもあるかもしれない。
何も言わなくても、それでも伸びていく・・・。

posted by ムフテリフ at 04:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。