2006年10月27日

SKODA OCTAVIA 試乗

車もメーカーによって違いがあるものとは分かっていても、実際に乗ってみるとその差に唖然としてしまうこともあるのですね。

これまで乗ったのは日本車ばかり。もちろんトルコに居た時に多少VW GOLFやらプジョーの206などに乗せてもらったことはありますが、トルコ時代は自分で運転はしませんでした。

ブカレストへ来て自分で運転をしていますが、ここ2日ほどSKODAのOCTAVIAに乗っています。いつもの日本車と比べると、あちこち違いがあって面白いです。

ハンドル:つぶれた円形で手に馴染みません。

ブレーキ:甘い。遊びが多すぎる感じでふわふわしています。

ボタン類:垂直に落ちているセンターコンソールの下の方に集まっていて、操作がしにくい。

サイドミラー:垂れ眼のように外側が削れているようなデザインなので、もう少し見えて欲しい部分が欠けてしまうようで物足りない

ギヤレバー:マニュアル車なのですが、バックに入れる時にレバーを左に寄せつつぐっと下へ押し下げるアクションが要るようで、最初はなかなか入りませんでした。

ヘッドライトのスイッチ:ウインカーとは別になっていて、日本車だとミラーの操作ボタンなどがある辺りに大きな回転式のスイッチがあり、それで操作する仕組みになっているのが新鮮でした。

走り:スタート時の加速は良いと感じましたが、逆に4速に持って行った後は伸びないので、融通が利かずに重い印象です。

唖然としてしまったのがキーです。箱のようになっているプラスチックのケースにキーが回転して収まるようになっていますが、箱なる部分がど〜んとしていて繊細じゃないし、しかもリモコン式になっているロック・アンロックのボタンは誤って押してしまうには最適のデザインだと思えてなりません。

日本でほとんどペーパードライバーだった人が、このブカレストで車に乗り、しかもマニュアル車を操っています・・・。自分で言うのもおかしいですが、実質運転ブランクが大きかった割にはマニュアルも乗れるものです。今思えばパワーハラスメントの塊だった新小岩の教習所の怒鳴る教官に感謝しくてはいけませんねぇ。

posted by ムフテリフ at 06:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

ブカレストより第一弾

会社の人がこれを読んだら、「あいつは仕事もろくにしないで、こんな無駄なことに時間をかけている」と言われるかもしれないけれど、これはあくまでもプライベート。

ピアノやトルコのことを書くつもりで始めたこのブログは、ここへきて七転八倒のルーマニア生活をつづることになります。

ルーマニアの首都ブカレストへ来て季節は巡り、もう街路樹もすっかり色づいて朝晩は冷え込む今日この頃です。つい先日まで会社に出入りしていた業者の兄ちゃんがTシャツ姿だったのに、今日は冬物のジャンバーを着ていました。

それなり、のアパートに入居して快適な生活をと思っていたのに、気がつけばある日エレベータが止まり、数日後階段の照明がつかなくなり、怪しいと思っていたらガレージの照明も自動ドアも動かなくなりました。

普段は車で10分の道のりが、ちょっと雨が降ったら2時間! 外食しようとおもっていたのも当然取りやめ。

国道にかかる鉄道の鉄橋工事で一番の幹線道路が10日間通行止め。そんな工事が10日で終わるかぁ?! 通行止めのおかげでどこへいくのにも迂回。そこらじゅう渋滞! 右側通行なので左折するのが一苦労。待ってれば永久に曲がれず、突っ込めば思い切りクラクションの嵐。

うんざりしているように聞こえますか? 本人、結構こういうハプニングは楽しめるタイプなので気になりません。これからどんなことを経験して、ここで書き綴っていくか・・・
posted by ムフテリフ at 06:40| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 会社員煩悩日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。