2006年06月14日

2年目のクールビズ 

6月に入りネクタイ無しで通勤できる爽快さを楽しんでいます。勤め先がクールビズを採り入れてくれてありがたいと思います。

クールビズ商戦も真っ盛り?加えて父の日も近いとなれば、色々なものが店頭に並んでいます。折しも靴下がだめになったので、何足か買いに行きました。涼しい生地だの、履き心地が良いだのの触れ込みにつられて買ったのが、これ。

DSC01316.JPG

クールビズらしいけど、これはちょっと違和感があるなぁ。返品しようかと思ったのも後の祭り。そう思ったときには正札もシールもすべてはがして、そもそもレシートはとっくにゴミに捨ててしまった後でした。遠目には違和感ないんだろうなぁ。間近に見ると、思わず一歩引きたくなりません?
posted by ムフテリフ at 23:15| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 会社員煩悩日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何ジン?

これは先日書いた「出張」ネタのレスポンスで、マリニャンさんが書いてくれたコメントへのレスみたいになりますが、記事にしてみます。

マリニャンさんいわく、
何ジンだかわからないムードをゲットできれば、我々日本人、海外で少しは楽になるかな?
とのことですが、関連する体験をいくつか。

<1>成田空港で
トルコ時代に一時帰国した時のことです。ターミナルビルに入って入国審査へ向かう途中の通路で係員に呼び止められ、「Where are you from?」と英語で話しかけられました。「日本人です」と応えたら、係員はいぶかしげな顔をしていました。こちらのほうが不愉快になる対応だったのに。

<2>アムステルダムで
税関を無申告ゾーンを通り過ぎるところで数人の係官が立ちふさがり、カバンを開けなさいと命じるのです。下着から、未使用でパックに入ったままの使い捨てカメラから財布の中身まで全部見られました。おまけに菊のご紋のニッポン旅券まで偽造と思われしつこく調べられました。なんて無礼な!と言いたいのをこらえて紳士的な対応を心がけたのは言うまでも有りません。

<3>欧州のある国で
出国手続きが済みセキュリティーチェックを抜けたところで、現地人はもちろん外国人も他の人は誰も呼び止められないのに、僕だけ警官だか係官に呼び止められました。「何しに来た?」・・・もう出国して行ってしまう人に、この質問をする意味はあるのだろうか・・・

<4>欧州のある国で その2
乗り継ぎの時に、またもや僕だけゲートで呼び止められ尋問。パスポートが偽造か念入りにチェックされ、勤め先、職務などなど事細かに聞かれ搭乗の最終案内もとっくに終わってしまった状況。飛行機はすぐそこなのに乗れない。結局何を訊いてもボロが出ようがないのだから、意地悪そうな女性係官も諦めた様子。

・・・と書き連ねましたが、僕は怪しく見えるのでしょうか?? それとも単にもはや中年の域に突入し、怪しまれるグループにくくられているのでしょうか?
posted by ムフテリフ at 22:47| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月12日

トルコ料理

先週は縁あって二度もトルコレストランで食事をしました。久しぶりで眼にも嬉しいご馳走ではありましたが、東京のトルコレストランでは、どうにもお腹がいっぱいにならない! 正確には満腹になるまで食べたらお財布が空っぽになってしまうと言うべきなのかもしれません。

これは決してトルコレストランを選んでくれた世話人の方へのあてこすりではなく、単に費用対効果(満腹度)の観点から、うううんといわざるを得ない、ということです。

ちなみに行ったのは池袋のカッパドキアと外苑前のハレム。甘いバクラバはカッパドキアの方がシロップがたっぷりかかっていて、トルコ的でした。ハレムのものはシロップ少なめでパリパリッとしていて、甘さ控えめで日本人の味覚に合わせたのかな? という印象でした。
posted by ムフテリフ at 21:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。